スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナログRGB液晶とArduinoのインターフェース

今さらながらですがaitendoで購入したアナログRGB液晶とArduinoのインタフェースについてです。
アナログRGBについてはトラ技の「目次データベース・ダウンロード」であたって以下の情報を得てと。
・RGB信号 0.7±0.2Vp-p、75Ω±10%
・同期信号 0.3(+0.9 -0.1)Vp-p、75Ω±10%
とりあえず入力インピーダンスが75Ωであることを想定して470Ωの抵抗を接続し、5Vレギュレータの出力を入れて電圧を実測してみました。
RGBLCD_inZ
秋月の一番安いテスターなものでレンジ切り替えで読み取り値はそんな桁でしたか読めませんです。また、470Ωの抵抗は469Ωでした。
さて計算
R1を流れる電流IR1 = (4.88-0.7)/469=8.91mA なので
Rin = 0.7V/8.91mA = 78.5Ω
いいところだなと。実測がいいかげんだしRGBの入力インピーダンスは75Ωと考えてよさそうです。
ちなみにこのLCD同期信号の入力インピーダンスは75Ωではないようです。
で色数をどーするかと。
実はこの液晶で5年ぐらい前に遊んだことがあります。以下のページの真ん中から下の方。
http://homepage3.nifty.com/two_legs/syuuhou/syuuhou2006/syuuhou08.html
当時はaitendoはあったのかな?「nIxIe-tUbE_com」で購入しています。
M16Cマイコンの場合コアが16bitで連続したアドレスの8bitポートがありますので当時はR、G、Bそれぞれに4bitあててわけわからないこと(笑)やっているなと。

続きは後日。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Nabe

Author:Nabe
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。