スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

例の基板をArduinoのシールドもどきにしてみた。

RGB_Shield_1
Arduinoのシールドとしては設計してないのですが「必要は発明の母」というし、必要にせまられて。

RGB_Shield_2
SDカードのソケットも付けて、こんなカンジ。

RGB_Shield_3
問題なく動いたのですが、よく見ると...んっ?
CPUが一番上で、XTALは一番下のもとのArduinoの基板だー。
こんなんでも発振OKなんだ。あまりよくないと思うけどね。実験用だし、まいいかと。


スポンサーサイト

粗大ごみの動画データとフレームレート

ニコ動でのコメントの答えておきます。
まず動画データですが、これは
忙しい人の為の2010ニコニコ技術部勉強会@首都圏
でお友達になりました@mknさんに作っていただきました。

ニコニコ技術部勉強会@首都圏で@mknさんはこれを展示していましたが
Arduino with OLED display (96*64 px) and handmade micro SD-card Shield
こんなことや
Arduino with OLED display (96*64 pixels) and 1Mbit EEPROM *2
最近はこんなことも
Arduino鳩時計8桁化完了~
Arduioで実現しています。

もともと
【東方】Bad Apple!! PV【影絵】
は白黒であり、これを画像サイズに合わせた'1','0'データに置き換えてそれをバイナリデータに変換しています。
Bad Apple テキストデータ
1画素/1bitになりますので1byte=8bit=8画素になります。
ニコ動/YouTubeにアップしたものは1画面あたり144×108画素で(144×108)画素/8bit = 1944byteとなります。
Arduino ATmega328Pには2kbyteしかRAMがありませんので、どーしているかというと1画面を半分に分けて処理をしています。

フレームレートは1/(63.5us×256) = 61.5FPSとなっています。
ATmega328Pは8bitマイコンですので2byte演算させると処理時間がかかります。
水平走査線の数はノンインターレスでも256本を超えるようでして、これを1byte( 255の次は0とインクリメント処理だけで済ませていたりします。)で処理していることがミソでもあり問題でもあります。

続きはまた後日。


プロフィール

Nabe

Author:Nabe
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。